塾長ブログ

2017.04.20

学校と塾との授業の違い

いちばん大きい違いは、授業の長さと回数。当然といえば当然なのですが、野球でいうならば先発と抑えのような違いです。

学校で授業をしていたときには、50分という枠組み、かつ、40人という大人数(?)授業(学習意欲の高い生徒低い生徒)、しかも進め方も自分1人ではできずに、周りと進度をあわせながら進めていました。ただ、週4回程度の授業があることは良かったですよね。

一方塾は、英語は週1回のみです。授業時間が2時間30分であり、Sアカデミーは15名までの少人数です。

こんな違いを考えて、いままで授業を組み立ててきましたが、生徒にとって効果のある「違いを生む塾の授業」とは、ちょっと違うんですよね。

 

この頃、学校で教えていたとき以上に、文法をがっちりと勉強させることになりました。ちょうど、グラマーのような授業です。

名詞ってなに? 動詞ってなに? 形容詞は? 副詞は? この4つを「語順」の発想で説明していきます。これが分からなければ、不定詞の名詞的用法や形容詞的用法、副詞的用法って分からないですよね。分からないから、「名詞的用法は『~すること』、形容詞的用法は『~するための』、副詞的用法は『~するために』という意味だ」と覚えてしまいます。これでは、数学の公式を公式として暗記せよ、といっているのと同じです。

現在形って何? 現在進行形ってどういうこと?

後置修飾の発想を持てれば、不定詞の形容詞的用法や、「前置詞句」の後置修飾、分詞や関係詞など説明がつきます。

こんなことは、当然の発想なんでしょうが、「英語の授業は英語で」とか、コミュニカティブな授業を学校でしていると、こういう文法的な部分が抜け落ちているようです。

つまり、学校の授業は自分の授業をセンターに考えいいのですが、学習塾の授業は、学校の授業で抜けている箇所をサポートしていく必要があるようです。

もちろんですが、want to ~を「~したい」と覚えたり、~er than …を「…よりも~」のように、参考書に書いてあるように「公式」としてなぞるように教えるのではなく、生徒が理解できることを信じ、そして理解できるように、本質から教えていくということが、大切なんでしょうね。

「アウトプット」としての過去問題を行うことも大切ですが、「幹」となるべきものがないのに、過去問題を多く繰り返して生徒に学力をつけさせても、その問題から「幹」を見つけられる生徒は多くないと思うんですけど、どうなんでしょうか。

2017.04.11

先生の学力と生徒の学力アップの関係

「先生の学力と生徒の学力には関係があるか」という新聞報道について、寺沢先生がおもしろい記事を書いています。

「文科省調査で判明…“英語達者”教師で生徒が伸びないワケ」という記事について(寺沢拓敬)

結論的には、教師が自分が英語をどのように理解しているかというメタ認知を元に授業ができているか(寺沢先生はこれを「生徒視点」と呼んでいる)ということにつきるでしょう。もちろん、先生の学力が高い=英語理解の深度が深ければ深いほど、しっかりとしたメタ認知を持った授業をしていれば、授業も深みが出てきます。低ければ低い部分しか見えないし、高ければ高みも見られます(メタ認知と生徒への愛情があれば、です)。

その上で、教える技術が大切になります。

・音読
・過去問

これらは、点数を取る上で大切だとは分かります。でも、音読するための準備や音読をしていくコツが分からなければ、その意義も小さくなります。

過去問をいくら行ったところで、過去問のための「準備」がなければ、あまり意味もないでしょう。

結局は、受験までの残り期間を逆算して、その期間をどのように最大限に使うかというシラバス能力と、
その期間を有意義に使うための教える技術が生徒に最大限の利益になるということなのでしょうね。