塾長ブログ

2017.12.30

英語と数学のシラバスは必要ない

この頃、「授業計画(シラバス)はないのですか?」とお問い合わせがあります。
ただ、Sアカデミーには

シラバスがない

のです。

もちろん、大まかなスケジュールはありますが、細かい日程、たとえば、
1/7に○○、1/14に××というものはありません。
誤解を恐れつついうならば、

細かいシラバスを作るのは素人

だからです。

生徒の理解度は、こちらの計画通りに深まってくれません。
スムーズすぎるほど進むこともあれば、
その逆に、なかなか進まないこともあります。
それなのに、シラバスにこだわってしまうと、
早く進められるところで足踏みをして、
理解不足の箇所をそのままにしてしまう可能性があるからです。

「しっかりとしたシラバスならば、そんなことはない!」

という否定する人もいるかもしれませんが、
そんな人は、授業が分かっていません。
生徒のバックグラウンドは一人ひとり違うのですから、
その生徒が複数になった集団の授業の進み具合を、年度当初に考えることなど不可能です。

分かるところはスピードを上げ、
分からないところは繰り返し、演習を増やしていく。

現在、中学校3年生の教材として、
『速読英単語必修編』を私たちは使っています。
全員が無試験で入った生徒ですが、
地元の打瀬中学校で学年10番以内が2名もいます。

しかし、シラバスはありません。

生徒の力を皮膚感覚で捉えることができて、
経験が豊富であれば、無理に学習塾がシラバスを作る必要はないと私は思います。
特に、英語と数学はそう思います。

2017.12.27

私たちは授業で勝負します

いろいろなところから言われます。

「どうして友だち紹介キャンペーンをしないんですか?」

確かに聞いてみると、大手と呼ばれるところは、
友だちを紹介すると
ディズニーチケットがもらえたり、クオカードがもらえたり、
講習費用が1/2になったりという、
フィットネスクラブが行っているキャンペーンです。

塾を始めたときに、
・特待生は作らない
・モノで生徒を集めない
と思っていましたが、即効性があるこのキャンペーンは魅力的です(笑)
だから、心がひかれないかと尋ねられれば、まぁ、そりゃねぇとなります(苦笑)。

ただ、やはり初心は貫徹します。

私たちのいちばんの「売り」は授業です。

だから、体験授業は最低でも1週間は通しで受けていただきます。
数学は良かったけど、入会してみたら、英語はダメだった、なんてことが
ないようにするためです。
1週間では判断がつかないというならば、
さらに1週間、体験して下さい。
Sアカデミーの勝負は授業なので、その勝負で判断していただきたいからです。

 

そんな私たちも、来春に中学校1年生になる生徒さんへの「体験授業」を行います。
ご興味のある方は、メールか電話でお申し込み下さい!
0001

2017.12.07

英語は語順

今週から本格的に始めた中学校2年生の復習講座。
Hello, my name is ~. とか、疑問文を作ってみよう!
などという、よくいわれる「復習」ではありません。

何にこだわるかといえば、「語順」です。
語順にこだわれば、品詞を意識するようになります。
名詞は「しり取り」で使えるグループ。
動詞は「Vする」となるもの。

英文の「おまけ」である「どこ」に his schoolは当てはまらないけど
in his schoolはあてはまる。
そこから、前置詞の後には名詞がくるというルールを引っ張ってきます。

否定文にしても、
「この文を否定文にしなさい」とはしません。
問いかけは、「何を否定しているの?」です。
主語? 動詞? 目的語? どこ? いつ?
そうすれば、動詞を否定していることが分かります。

いつもの語順シートと、オリジナルの基礎教材を使った授業の反応はよいようです。