塾長ブログ

2017.12.30

英語と数学のシラバスは必要ない

この頃、「授業計画(シラバス)はないのですか?」とお問い合わせがあります。
ただ、Sアカデミーには

シラバスがない

のです。

もちろん、大まかなスケジュールはありますが、細かい日程、たとえば、
1/7に○○、1/14に××というものはありません。
誤解を恐れつついうならば、

細かいシラバスを作るのは素人

だからです。

生徒の理解度は、こちらの計画通りに深まってくれません。
スムーズすぎるほど進むこともあれば、
その逆に、なかなか進まないこともあります。
それなのに、シラバスにこだわってしまうと、
早く進められるところで足踏みをして、
理解不足の箇所をそのままにしてしまう可能性があるからです。

「しっかりとしたシラバスならば、そんなことはない!」

という否定する人もいるかもしれませんが、
そんな人は、授業が分かっていません。
生徒のバックグラウンドは一人ひとり違うのですから、
その生徒が複数になった集団の授業の進み具合を、年度当初に考えることなど不可能です。

分かるところはスピードを上げ、
分からないところは繰り返し、演習を増やしていく。

現在、中学校3年生の教材として、
『速読英単語必修編』を私たちは使っています。
全員が無試験で入った生徒ですが、
地元の打瀬中学校で学年10番以内が2名もいます。

しかし、シラバスはありません。

生徒の力を皮膚感覚で捉えることができて、
経験が豊富であれば、無理に学習塾がシラバスを作る必要はないと私は思います。
特に、英語と数学はそう思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)