塾長ブログ

2018.03.27

『英文法基礎10題ドリル』&田中先生がお見えになります!

今年、高校生講座を始めました。
Sアカデミーのエース川上先生は早慶上智を目指すSコース、
私はお得意の中堅の生徒を伸ばしてMARCHを目指すMコース、
そして国語は、古典のマジシャン出浦先生。

MARCHを目指すといっても、
ご存じのようにここ数年は合格者減により、難しい。
短期間で学力をつけるためには、
生徒の勉強量を確保するだけではなく、
質の高い教材を使うことも必要です。

そこで選んだのが、駿台の田中健一先生の新著
『英文法基礎10題ドリル』。
20180326081954

目次を見ると、その工夫がよく分かります。
(生意気な言い方で申し訳ないです)

20180326081038

中堅の生徒にとって復習は大切だけれども、
なかなか自分で復習をしてくれません。
これはこれで大きな問題なのですが、
『英文法基礎10題ドリル』の第1章では、
文型の考え方についての復習と、
新規文法事項の学習とが、同時にできるように工夫されています。

特に第10講の受動態では、
文型に加え、
熟語(田中先生の苦渋の選択だろうなぁ)の考え方の復習にもなります。
(「考え方」の復習です、大切なことなので繰り返します)

中堅の学習者が独学でこの問題集を行う最大の関門は、
第1章の第1講から5講の「文型」でしょう。
ここを乗り越えられれば、「なるほど」の連続になります。

もう教材を作らなくなって久しいですが、
このような英文法基礎の本を完成させた田中先生に
ジェラシーを感じつつ、
心から敬意を感じております。
基礎英文法と表する、ほら、あの本や、世界一なんとかという本は、
英語力が低ければ、知性まで低いという意識で書かれているとしか
私には思えませんが、
田中先生の新著からは、学力を伸ばしたいという気持ちがひしひしと
伝わってくる一冊です。

その田中健一先生が、
Sアカデミーにお越しになります!

日時:4月11日(水) 19時より
場所:Sアカデミー(千葉市美浜区打瀬2-5 パティオス3番街1F)

ご興味のある方は、どうぞお越し下さい!
また、『英文法基礎10題ドリル』で英語の基礎を固めて、
1ランク、2ランク上の大学を目指したい高校生(浪人生)は、
ぜひともSアカデミーにお問い合わせ下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)