塾長ブログ

2018.07.02

超初心者的・英文法の学び方(センター試験150点への道)

今から受験勉強を始める高校3年生も
少なくないでしょう。
センター模試で、現在70点程度しか取れない受験生が
1人で勉強するという前提で、
来年1月の本試験で150点を取るための方法です。
この順番で学習をして下さい。
(期間は4ヶ月)

1.英文法の勉強から始めない
英文法を勉強しようとすると、
おそらく3日も経たずに挫折します。
特に、厚めの参考書を通読しようとしたら、
30分でイヤになると思います。
主語や動詞、目的語って何??と思ったり、
「主語は名詞? じゃぁ、動詞は何詞?
前置詞の目的語って何?」と思うようであれば、
英文法の理解ではなく、
例文の暗唱から始めましょう。
声に出して読み、
一瞬、暗記して読み、
ノートに一気に写していきます。
理屈から学ぼうとすると大けがします。

2.単語を覚える
「文法問題ができない!」という受験生の多くは、
「問題に出ている単語が分からないから正解にたどり着けない」ものです。
20180702093122

これはセンター試験(2016)です。
たとえば問1はpreviouslyという単語が分からない生徒は引きずられるでしょうし、
問2はrelativelyやhugeが分からないと正解を選びにくいでしょう。

単語が分からなければ、文法問題をうまく解けません。

その上、長文問題が解けません。
98%の単語が分かれば内容はスムーズに読むことができますが、
95%では読むスピードが遅くなり、
90%だと全体の意味が取れなくなるという報告もあるようです。
(聞いた話なのですが、納得できます)

3.センター試験の過去問(長文)を20題以上行う
しっかりと意味を捉えてから、
徹底的に音読して下さい。せめて30回以上。
要約が効果的です。

4.薄く、内容の濃い文法問題集を行う
厚い文法問題を行う必要はありません。
コンパクトにまとまった文法の問題集を行いましょう!

(1.暗唱にお薦め単語帳)

(4.文法問題にお薦め問題集)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)