塾長ブログ

2018.11.28

「民間英語試験」について

現在の高校1年生からGTECや英検、TOEICなどの『民間英語試験』を「4技能試験」として大学入試に採用する予定となっています。東大や慶應大学、名古屋大学のように「民間英語試験」を(実質的に)採用しないところもありますが、この旗振り役の上智大学はTEAPの採用は行うでしょうね(上智大学のアカデミック的な評価は低下するのかな)

この「民間英語試験」はともかく、不完全というか、準備が不十分というか、ともかく欠陥だらけといっていい。

この試験に反対する人は、「読む・書く・聞く・話す」という「4技能」に反対してるのではなく、現在の状況で「民間英語試験」を大学入試に採用することを反対してるのです。これに対して羽藤由美先生が次のように柴山文科大臣にtweetなさいました。

20181128084100

問題点が山積している民間英語試験を強行すれば、1点の違いで合否が分かれる大学入試の公平性を損なうことになる危険性が大いにあります。

これからの動きは注視したいところです。

2018.11.21

最後の一伸びのために、もう一度文法の復習を!

昨日、持田先生との話の中で、「センター140-150の生徒がもう一伸びするためには、ここで文法を復習することが必要なんですよね」とありました。確かに、昨年度の中3(現高校1年生)にもこの時期に、文法の復習をしたところ、思いの外、抜け落ちていたところがありました。たとえば、間接疑問。そして、不定詞の副詞的用法とか、形容詞的用法。関係代名詞はあまり問題がなかったけど、難関私立向けの学習は、公立高校志望組にとっても悪くなかったようでした。

高校3年生は今から何をするかは決まっているので、中3生を再検討しないと。

2018.11.09

動名詞の学習は復習のチャンス!

中学校2年生は動名詞の学習に入ります。
中学校2年生のこの時期からの学習と、大学入試を目指す高校2年生との学習には接点があるような気がします。というのも、中学校2年生のこの時期の英語の学びが、「なんとなく」であると、高校2年生の時期にその「つけ」が回ってくるからです。

「動名詞」から「to不定詞」の学習では、品詞の理解が大切になります。

名詞とは何? その役割は?
形容詞とは何? その役割は?
副詞とは何? その役割は?

ここを飛ばしてしまうと、高校に入ってから英語が苦手になります。
だから、中学校の時に理解する必要があります。

たとえば、
動名詞・to不定詞を「~すること」と覚え、
stop, enjoy, finish, give upなどの目的語には動名詞、
want, plan, refuseなどの目的語にはto不定詞と覚えるだけでは
不十分です。

だから、最初に動名詞の役割を理解するための練習が必要になります。

walk – walking

このような自動詞でも、

walk along the river – walking along the river

という練習に発展させます。

visit – visiting

他動詞をこのように練習するのではなく、

visit a friend – visiting a freind

visit a friend for dinner – visiting a friend for dinner

と、目的語もしっかりとつければ、
動名詞(to不定詞の名詞的用法)の学習を通じて、自動詞と他動詞との復習をすることができます。学習を後戻りさせることなく、復習ができるチャンスはそうそうありません。

その後に、この名詞句がSやOになることを学ぶことを通じて、語順の復習もできます。

急に英語学習が難しくなりますが、授業の進め方によっては挽回できる大きなチャンスにもなります。