Chief blog塾長ブログ

2021.09.28

年齢を重ねてから、生徒対応に変化あり

学生時代の友人の近況をFBで知ると、みんな年を重ねたなぁと思う。おそらく私もそう思われているのでしょう、当然だろうけど。同級生が52歳になる学年ということは、私も52歳になったということだ。

年齢を重ねると、ほとんどのことを受け入れられるようになる。若いときには、とんがった正義感というか、自分勝手な哲学というか、受け入れるためにガマンすることが多かったけど、50近くなってから多くのことを受け入れられるようになるし、赦せるようになる。「私憤」についてのことです、念のため。

時系列で考えてみると、

  1. 正義感時代(20代まで) 自分勝手な正義感で世の中を考える。
  2. ガマン時代(30代) 自分勝手な正義感で考えるものの、ガマンするようになる。ストレス多し。
  3. 「イタさ」を感じる時代(40代) 同世代の人で、私憤を正義感として考える人にイタさを感じる。
  4. 全受入時代(50代) イタさを感じていた人にも、そこには訳があるのだろうと思えるようになる。

とわけられそう。

教諭から塾長と立場は変わったものの、生徒への対応も変わってきた。

  1. がむしゃら時代(20代) 知らないことが多いが、パワーで押し切る。保護者は親世代。
  2. うぬぼれ時代(30代) 自分がなんとかしなければ、自分ならなんとかできると思う。精神的黒歴史時代(苦笑)
  3. 結果受入時代(40代) 生徒の進路結果などは受け入れられるようになる時代。結果を出そうとするが、受け入れる。
  4. サポート時代(50代) 引っ張るのではなく、サポートが本分だと考え、進路結果については受け入れるようになる。

徐々に達観するようになった世代として、塾生に求めていることは「最後までやり抜く」こと。人生では、やり抜いたことは後悔しない。失敗したとしても、糧にもなるし思い出にもなる。しかし、やり抜かないと後悔する。たとえ成功したとしても後悔する。自分自身にはウソがつけないし、自分にウソをつかざるを得ないことをがいちばん辛い

だから、塾生が「最後までやり抜く」ことができるような環境を整備したり、メンタルを保てるようなサポートをしたり、というのがSアカデミーの基本的な立ち位置です。

2021.09.18

インスタ始めました♪

ブログだとどうも堅い印象があるようですが、Sアカデミーはアットホームな雰囲気です。学生スタッフは全員が卒塾生ですし、中には中学2年生から通っていたスタッフも数名います。「きょうだい通塾」も数組います。「卒塾生講師」もいます。ちなみに、チラシのデザインまでやってくれています(笑)

雰囲気はアットホーム、勉強は妥協を許さない。そんなところです。

彼女たちが中学生だったときに、初期の講師に勉強を授業時間外に教わっていました。初期の講師もイヤな顔をひとつせず、教えてくれていました。そのときの生徒=現在の学生スタッフが今日は中学3年生に国語を教えていたので「ありがとう」と伝えたところ、「私も○○さんに教わったからね」。

そんな学生スタッフがインスタを更新しています。どうかご覧下さい!

 

2021.09.12

『「意味順」ドリル1・2』をご恵贈いただきました

中学校1年生を教えていると、英語力アップのためには語順(意味順)の理解が欠かせません。「主語」があり、「動詞」「目的語・補語」「副詞」という語順を体得しなければ、中学2年以降には『なんとなく理解』という、単語と単語で意味を推測する可能性が高いのです。「なんとなく理解」でもある程度の点数がとれることもあり、学習している生徒は「自分が語順を理解していません」といえず、そのままの状態で高校生になってしまう生徒も少なくありません。

語順を理解させたくても、中学1年生では、「主語」「動詞」「目的語・補語」「副詞」という品詞もなかなか使いにくい。それを本書では「だれが」「する/です」「だれ・なに」「どこ」「いつ」とし、その「ボックス」に英語を書き込むことで、語順が理解できるようにしています。しかも、日本語も優しい言葉遣いになっており、著者の奥住先生のお人柄が出ています。

疑問文の時には、「だれが」の左側に「はてな」というボックスが出てきています。「意味順」が出てきた数年前(10年以上かな?)には、ここを「玉手箱」としていてそのボックスの役割が理解できなかった人も多かったでしょうが、今回の「はてな」とすることで、「疑問文の時には、ここを使う」というメッセージにもなっています。このような言葉遣いは、中学校で英語を教えてきた奥住先生ならではの工夫ですね。

ちなみに、9月からSアカデミーでは中学1年生の英語講座を始めたのですが、語順をベースとして授業を行っています。Sアカデミーに来られない中学1年生にとっては、英語力のベースを作ってくれる良書ですね!

facebookでシェアする
ホームに戻る