Chief blog塾長ブログ

2019.08.16

高校2年生9月開講講座

高校2年生9月講座

<体験授業>

  • 古典:2年次に、古典が完成するようなカリキュラム
    • 1回目 8月27日(火) 17:00-19:00
    • 2回目   8月29日(木)    17:00-19:00
  • 文系数学:1年半で数ⅠAⅡBを完成。
    • 9月7日(土) 17:00-19:00上記の2講座のお申し込み
      https://www.s-academy.net/campaign2/
  • 幕張総合2年生対象;コミュニケーション英語Ⅱ講座
    • 1回目 8月26日(月) 17:00-18:30
    • 2回目 8月28日(水) 14:00 – 15:30
  • 3回目 8月28日(水) 17:30 – 19:30
    お申し込みは https://www.s-academy.net/campaign

 

9月以降の授業スケジュールです。

  • 古典 (木)19:30-21:30
  • 文系数学(土)17:00-19:00
  • 幕張総合高校2年生英語(土)19:30-21:30
  • 英語SS(水)19:30-21:30
  • 英語S(土)19:30-21:30

お問い合わせは043(306)9241までお気軽にご連絡ください!

2019.07.22

英語の基礎講座と「高1ショック」

高校3年生対象の英語基礎講座が始まりました。前々から行ってみたいと思っていた20回の基礎のみの集中講座です。1回90分なので合計30時間となります。

「難しいことを薄める」ことを基礎と考える人もいるかもしれませんが、「高1ショック」でつまずいた生徒は「薄める」ではなく、どうして「高1ショック」に陥ったのかということを考えなければなりません。これは、中学校New Crownと高等学校教科書Crownとの差にヒントがあるんですよね。

この差を埋めていけばセンター試験の長文は「なんとなく読み」ができるようにまでなります。

 

中学生は、この2冊の差が分かっていれば、意識させるポイントや教えるポイントが変わってきます。そうすると、高1ショックのリスクは小さくなります。

2019.06.19

2019英語教育セミナー参加者募集(後援:千葉市教育委員会・株式会社共進)

日時:8月7日(水) 13:00~17:00  17:30より懇親会あり(4,000円程度です)

場所:幕張テクノガーデン BC棟301号室(JR.海浜幕張駅より徒歩2分)

主催:2019英語教育セミナー実行委員会(後援:千葉市教育委員会・株式会社共進)

入場料:無料

講演:

    • 書き手の立場からリーディングの素材を解読する(日向清人先生)
      「ようやくライティングの世界では「つながり」と「まとまり」の意義が意識されるようになってきたのに、大学のシラバスを見る限り、リーディングの授業では、それが反映されることなく、英文法講義ないし英文和訳の授業で終わっている例が多い。そこで、CEFRモデルを素材に、「つながり」と「まとまり」がなぜ意識されるようになってきたかを振り返ってから、上記リーダーの一節を使って、「読み手のひとりごと」をみなさんにお聞かせる形で、文章中の「つながり」や書き手の技(レトリック)をいっしょに楽しむ試みです。」

    • 「ライティング指導」入門:初歩と基礎とその先と(松井孝志)
      ライティングにおける「つながり」と「まとまり」ということばは以前より市民権を得てきたように思いますが、昭和から平成にかけて「パラグラフ・ライティング」は高校現場に十分浸透普及したでしょうか?では、パラグラフ以前のライティングはどうでしょうか?テスト対策の前にまず適切・的確な指導をどうするか、何を読み、何を聞き、何を書くか、確りと見通したいと思います。

(講師略歴)

日向清人先生

  • 和洋女子大学特任教授。慶大院修了後、国際法律事務所、外資系証券会社を経たのち、
    慶應義塾大学で20年以上、実務英語教育に従事した後、現職。松井孝志先生のご助言に
    おおいに助けられた『即戦力がつく英文ライティング』(DHC) 他、著書多数。

松井孝志  2019年4月より Sアカデミー専任講師

 

下記のリンク先よりお申し込みください。

https://ws.formzu.net/dist/S88280131/

facebookでシェアする
ホームに戻る