Chief blog塾長ブログ

2019.10.02

「いい先生」の条件

いい先生の条件は2つ。両方がなければ、いい先生ではありません。私がそう思うだけですけど(笑)

  • その教科・科目を教える学力があること
  • 自己愛よりも、生徒の成長を願う気持ちが大きいこと

講師の持田哲郎はこの2つを十分すぎるほどにクリアしています。

教科・科目についての学力についてはいうまでもないでしょう。

生徒の成長を願うからこそ、生徒の進路相談にも気軽に乗っているだけでなく、雑談をするために講師室に来る生徒もいます。私が生徒面談をしていると、自然と名前が出てきます。

  

これは、持田がSアカデミーで彼が受け持っている「8名」のために作ったテキストです。Stage 1,2を併せて220ページ以上で、現在はStage 3に入っています。プリントを渡しただけだと保管が難しいときがあるので、このように冊子にして再配布しています。

少人数だからこそ、生徒の顔を思い浮かべながらテキストは作成されます。最高の講師による、オーダーメードのテキストを使い、志望校を母校にしませんか? 合格までの最短ルートは、自宅からSアカデミー(海浜幕張)までのルートです。