スクロール

コンセプト

最高の学習空間を目指す学習塾です。

生徒にとって最高の学習環境を作り上げたいという思いを込めて開講したSアカデミーです。SはSuccess, Super, Superiorなど、生徒さんに「より高く」「成功」を目指してほしいという思いを込めた頭文字です。皆さんにはここでの学びにSatisfaction(満足)して、大学を目指してもらいたいと願っています。

正しい情報を持ち、学びに集中する

公立高校入試について、いろいろな「ウワサ」が流れています。そのほとんどが「間違った」情報なのですが、なぜか本当のように信じられています。
塾長の組田は高校で入試の担当をした経験もあります。20年間にわたり公立高校入試に教員として携わってきたので、公立入試のことをよく知っています。正しい情報をみなさんに提供することで、安心して学べるような環境を作り上げます。

部活動との両立をサポートします

部活動を頑張ってきた生徒が、引退後に成績が急上昇するケースをたくさん見てきました。それは、厳しい練習の中で「人間力」が成長するからです。
Sアカデミーでは、1年生・2年生のユニットクラスは、平日のみにすることで、部活動との両立を果たしやすいようにし、生徒の皆さんの「人間力」のサポートをします。

授業スタイル

授業と自学のバランスを考える
Sクラス 《 第1教室 》

150分の授業

 Sアカデミーは、数学と英語に特に力を入れています。中学校1年生の9月以降は、この2教科を毎週150分の授業で、正しく勉強していきます。150分は長く感じるかもしれませんが、正しく勉強していくためにはこの時間が必要です。

完全少人数授業

 学力世界一のフィンランドの学校の先生は、全員が大学院を出ています。それでも、フィンランドは20人学級です。
 できるだけ効率的に生徒の学力を伸ばすためにも、私たちは15人以下の少人数授業にこだわっています。

アウトプットも重視

 学習にはインプット(覚えたり、教わったりすること)と、アウトプット(問題を解いたり、英語を話したり、書いたりすること)の2つがあります。この2つのバランスが上手にとれて、学力はアップします。

インプット/アウトプットの図

中学受験に必要なすべての教科を網羅したクラス
総合クラス

終了しました

平成28年度 授業スケジュール
1年生 2年生 3年生
前期

|
単純2クラス 学力2クラス 学力3クラス
数学・英語
国語(1時間 )
社会・理科
数学・理科
英語・国語
社会(1時間 )
数学・理科
英語・国語
社会(1時間 )
後期

|
学力2クラス 学力2クラス 学力3クラス
数学・理科
英語・国語
社会
数学・英語 (A)
英語・数学
国語
理科と社会
(BC)
数学・理科
英語・国語
社会(1時間 )
平成29年度 授業スケジュール
1年生 2年生 3年生
前期

|
単純2クラス 学力2クラス 学力3クラス
数学・英語
国語(1時間 )
社会・理科
数学・理科
英語・国語
社会(1時間 )
数学・理科
英語・国語
社会(1時間 )
後期

|
学力2クラス 学力2クラス 学力3クラス
数学・理科
英語・国語
社会
数学・英語 (A)
英語・数学
国語
理科と社会
(BC)
数学・理科
英語・国語
社会(1時間 )

各教科

英語

  • 1年生
  • 2年生
  • 3年生

1年生英語の発音(フォニックス)や、きれいに文字を書く練習(ペンマンシップ)という基本的な学習をした上で、英語の語順を意識しつつ、ルールを覚えていきます。この時期の英語学習は、パターンプラクティスやドリル学習、発音など、基本の繰り返しになります。勉強でもスポーツでも基礎練習は楽しいものではありません。しかし、この基礎が2年3年次の学力アップの土台となります。

2年生前半は1年生の学習の延長線上にありますが、後半からは不定詞や比較表現、受動態という抽象性の高い文法事項を学習します。そのため、2年の後半から英語が分からないという生徒が増えてきてしまいます。
 前半では、1年次の復習も含め語順や英語の基礎練習を繰り返し行い、後半では名詞句の不定詞を学習したり、文と文とを比べる視点で比較級を学んだりするなど、できるだけ本質的に学習をしていきます。また、長文問題への取り組みも後半から始めて行きます。

3年生3年次は完了や関係詞など、高校へつながる英語学習となります。単語も概念的なものが増え、文章問題の英文も長くなります。関係代名詞では名詞句という発想という切り口で学習を行い、完了では時制の概念を最初から学んでいきます。
 2年次の最後の定期テストの後から3年次の学習を始め、秋までには中学校の内容を終わらせます。その後は過去問題や新聞や雑誌などの英文で学習をしていきます。

数学

  • 1年生
  • 2年生
  • 3年生

1年生中学校では「算数」から「数学」に教科名が変わり、その内容(考え方の方針)もかなり違ったものになります。「数学的」な思考法を習得するとともに、「算数」の知識もうまく活用して問題を解く力を育成していきます。中学生で習う方程式を使うにしても「算数」の土台がしっかりしていないと解けない問題が多いです。必要であれば小学校の内容にも触れつつ授業を進めます。

2年生1年次で学んだ知識を土台として、さらに応用的かつ抽象的な事柄を学習していきます。例えば、一次関数を学ぶ上で1年次に習った比例の知識が不可欠となるように、基礎が固められていないと新しく学んだ知識を積み上げることもできません。そのことを踏まえ、必要に応じて1年次の分野にも触れながら、発展的な内容まで網羅しつつ授業を進めていきます。

3年生3年次で学習する内容はさらに高度なものへと変わっていきます。複数の分野の複合問題も増え、高い論理的な思考力が必要となります。それらの問題に対応するために、授業内では説明・解説を行うだけでなく、演習のための時間を多く取り、知識をアウトプットする力を身に付けさせていきます。
 学校よりも若干の先取り学習を行い、秋以降は過去問演習等に時間を割き、実際の受験を意識させた学習を行なっていきます。

学校の授業を最大限に生かし、社会と理科を効率的に学んでいく
社会と理科

  • 1〜2年生
  • 3年生(2年生冬より)

1〜2年生社会:学校の授業とほぼ平行で、アウトプット教材を行うことで、学校の学習を定着していきます。
 理科:社会と同じようにアウトプット教材で学校の学習を定着していきます。ただ、社会に比べると理科は理解することが多くあります。そのため、アウトプット教材を学ぶときには、疑問点を質問できるよう講師が準備しています。

3年生社会・理科 アプトプット教材とは別に、約40回の授業を通じて、1年次からの総復習を行います。(シラバスはこちらです。→ 3年次学習計画/国社理 PDF 10月以降は過去問題演習(公立高校・トップ私立)を、25回以上行います。)

国語

  • 1〜3年生

1〜3年生1・2年次は、アウトプット教材で必要なところをリクエストし、それを自分たちで勉強していきます。 3年次の夏休みから10月までの期間に、現代文から古典まで様々なジャンルに取り組み、11月から約25回の過去問題演習(公立高校・トップ私立)に取り組みます。

授業料

ただいま調整中です。いま暫くお待ちください。

 

トップ大学に通う講師が高校時代にほしかった学習塾の形態
ALC(アクティブラーニングクラス)《 第2教室 》

トップ大学に通うSアカデミーの講師は、「個別指導の要素である分からないところを説明してもらえ、かつ自学ができる学習塾」がほしかったといいます。彼らのように高い学力をつけるためには、「教えられる空間」ではなく、「自学できるが、分からないところを質問できる空間」が理想的です。
その理想的な空間で、主体的な学習をしていくクラスが「アクティブラーニングクラス」です。

5つの特徴

自分のペースで学習ができる

 自分の勉強したい教科・科目を、自分にあった教材で主体的に学んでいきます。

疑問点はすぐに質問ができる

 「後で聞こう!」は「ずっと聞かない」と同じです。分からない箇所はどんな質問でも、その場で先生に聞けます!

講師は全員が一流大学生

 講師は、東大や千葉大学医学部、慶應、東工大に通う大学生です。勉強の方法から高度な問題まで、どんな質問にも対応できます。

「家庭教師」サービス

 1時間、先生を独占できる「家庭教師」サービス。先生を指名して、教室内で個人指導を依頼できます。(2,500円/1時間)

充実した無料講座

 英文法講座:高校1・2年生を対象(6月~3月まで週1回) 入試センター演習:高校3年生対象(毎週月曜日)

授業日程(定員17名)
 
16:00
|
18:30
|
21:30
自学タイム(講師は対応しません) 10:00
|
18:00
自学のみ
アクティブラーニングタイム(講師が対応します)
授業料
 

ただいま調整中です。いま暫くお待ちください。

 

講師紹介

英語担当 組田幸一郎

千葉大学大学院修了後、千葉県立成田国際高校など公立高校で20年間勤務(うち18年間を担任)。家業を継ぐために、平成27年3月に退職。平成28年7月Sアカデミー開講。分かりやすい授業には定評があり、広島大学・愛知県立大学、金城学院大学から教育学部の学生を対象とした講演会も依頼される。また、「高等学校教員のための指導力向上セミナー」(広島大学主催)や県内の私立学校から、授業作りについての後援・ワークショップも依頼された。

コンタクト

問い合わせ メール 問い合わせ 電話

ご相談や体験希望など、お気軽にお問合わせください

アクセス

《第1教室》 〒261-0013 千葉市美浜区打瀬2丁目5番 パティオス3番街

《第2教室》 〒261-0013 千葉市美浜区打瀬2丁目9番 パティオス15番街