塾長ブログ

2018.01.15

学力中堅の伸ばし方

センター試験終了。

昨年の9月に入塾した時にはウーンという点数しか取れなかった生徒が、
自己採点で137点を取っていたので、まずますと思うべきか。

教える側には、必ず「得手不得手」があるものです。
同じ脳外科でも脳溢血、脳梗塞、脳腫瘍などおそらくは、
医師によって「得意」がおそらく変わるのと同じです。

私がいちばん得意なのは、
中堅下~上(偏差値でいうと40過ぎ~55程度)の生徒を
中堅上~上位下(SS5560前後)に引き上げるサポートです。

私自身、まじめに勉強していた高校生ではなかったので、
どこで引っかかるのかが、どこが分かっていないのかが皮膚感覚で分かります。
何が必要なのか、も分かります。
おそらく、この感覚が分かる人が少ない。

一方、この4月からSアカデミーで勤務するK先生は、
上位の生徒さんを伸ばすのが上手です。
おそらく私よりも、よっぽど上手。
彼が上位を教えれば、生徒は伸びていく。
彼には、私が持っていない感覚、とくに物事に対するこだわりがあります。

これが、すごい。大切。

きっと私は上位の生徒は彼ほどは伸ばせない。

一方、こだわりがあると、中堅の生徒はなかなか伸ばしにくい。

ここに、中堅の生徒を伸ばすコツの秘密があります。

Sアカデミーはこの4月から、
中学生だけではなく、高校生にもシフトをしていきます。

集団授業で英語の力を伸ばし、
数学や物化生古典は個別指導で伸ばし、
社会や現代文は自分で勉強していく。

現代文は、適切な日本語を要約させるのがベストなのでしょうか。

2018.01.03

100万円と5,000円のワインの差

世の中には、
そのことに深く関係していなければ、たいした差ではないが、
関係している人にとっては大きな差があります。

年末のテレビ番組の超高級ワインと高級ワインの差。
日頃から美味しいワインを楽しんでいる人にとってさえ、
分かりにくいものでした。

陸上の100mも同じかもしれません。
桐生選手が10.00を切りましたが、
数字に表れるとその差が実感として分かりますが、
走りを見たところで、9.98と10.20の違いが分かる人は
専門家にしか分からないでしょう。

日本酒も、
本物の吟醸なのか、付け香をしたものなのか。
絵画も、
本物なのか、贋作なのか。
車の運転も、
F1ドライバーなのか、大型2種のドライバーなのか。
英語だって、
TOEIC990なのか、900なのか。

プロ(関係者)にとっては、この大きな違いも、
一般的にはそれほど大きなものとは感じられない傾向があります。

その差の一般的な評価と、関係者の評価とでは、
大きく異なるものです。
そんなことを感じた2017年でしたが、
今年はその差を現実の差に少しでも落とし込んでいきたいと考える1月3日です。

2017.12.30

英語と数学のシラバスは必要ない

この頃、「授業計画(シラバス)はないのですか?」とお問い合わせがあります。
ただ、Sアカデミーには

シラバスがない

のです。

もちろん、大まかなスケジュールはありますが、細かい日程、たとえば、
1/7に○○、1/14に××というものはありません。
誤解を恐れつついうならば、

細かいシラバスを作るのは素人

だからです。

生徒の理解度は、こちらの計画通りに深まってくれません。
スムーズすぎるほど進むこともあれば、
その逆に、なかなか進まないこともあります。
それなのに、シラバスにこだわってしまうと、
早く進められるところで足踏みをして、
理解不足の箇所をそのままにしてしまう可能性があるからです。

「しっかりとしたシラバスならば、そんなことはない!」

という否定する人もいるかもしれませんが、
そんな人は、授業が分かっていません。
生徒のバックグラウンドは一人ひとり違うのですから、
その生徒が複数になった集団の授業の進み具合を、年度当初に考えることなど不可能です。

分かるところはスピードを上げ、
分からないところは繰り返し、演習を増やしていく。

現在、中学校3年生の教材として、
『速読英単語必修編』を私たちは使っています。
全員が無試験で入った生徒ですが、
地元の打瀬中学校で学年10番以内が2名もいます。

しかし、シラバスはありません。

生徒の力を皮膚感覚で捉えることができて、
経験が豊富であれば、無理に学習塾がシラバスを作る必要はないと私は思います。
特に、英語と数学はそう思います。

           
ツイートする・facebookでシェアする ツイッター
ホームに戻る