塾長ブログ

2019.06.19

2019英語教育セミナー参加者募集(後援:千葉市教育委員会・株式会社共進)

日時:8月7日(水) 13:00~17:00  17:30より懇親会あり(4,000円程度です)

場所:幕張テクノガーデン BC棟301号室(JR.海浜幕張駅より徒歩2分)

主催:2019英語教育セミナー実行委員会(後援:千葉市教育委員会・株式会社共進)

入場料:無料

講演:

  1. 書き手の立場からリーディングの素材を解読する(日向清人先生)
    • 「ようやくライティングの世界では「つながり」と「まとまり」の意義が意識されるようになってきたのに、大学のシラバスを見る限り、リーディングの授業では、それが反映されることなく、英文法講義ないし英文和訳の授業で終わっている例が多い。そこで、CEFRモデルを素材に、「つながり」と「まとまり」がなぜ意識されるようになってきたかを振り返ってから、上記リーダーの一節を使って、「読み手のひとりごと」をみなさんにお聞かせる形で、文章中の「つながり」や書き手の技(レトリック)をいっしょに楽しむ試みです。」
  2. 「ライティング指導」入門:初歩と基礎とその先と(松井孝志)
    • ライティングにおける「つながり」と「まとまり」ということばは以前より市民権を得てきたように思いますが、昭和から平成にかけて「パラグラフ・ライティング」は高校現場に十分浸透普及したでしょうか?では、パラグラフ以前のライティングはどうでしょうか?テスト対策の前にまず適切・的確な指導をどうするか、何を読み、何を聞き、何を書くか、確りと見通したいと思います。

(講師略歴)

日向清人先生

  • 和洋女子大学特任教授。慶大院修了後、国際法律事務所、外資系証券会社を経たのち、
    慶應義塾大学で20年以上、実務英語教育に従事した後、現職。松井孝志先生のご助言に
    おおいに助けられた『即戦力がつく英文ライティング』(DHC) 他、著書多数。

松井孝志  2019年4月より Sアカデミー専任講師

 

下記のリンク先よりお申し込みください。

https://ws.formzu.net/dist/S88280131/

2019.04.05

英語の成績が伸びない理由の半分(以上?)は指導者の問題

自習室を回っていると高校3年生がネクステで勉強してたので、一緒に勉強をしました。もちろん、ネクステは使いません。学習したことは次の通り。

  • 英語の語順について(「SがVする」(SV, SVO, SVOO, SVOC)と「A is B.→A=B」(SVC))
  • どどいつ理由(副詞句)
  • 名詞句(前置修飾と後置修飾(前置詞句、分詞の形容詞的用法、関係詞、to不定詞)も含む)
  • 名詞って何? 補語って何?

これを初日に行い、二日目には次のことを勉強しました。

  • 動名詞と不定詞(名詞的用法)
  • 副詞の役割と不定詞(副詞的用法)

その後に『ジニアス総合英語』を読ませて、拙著『短文で覚える英単語1900』を使って語順シートで学習。

基本的といわれる参考書にも、動名詞と不定詞の部分で生徒が分からなくなっているポイントが分かっていない著者が多いんですよね。

間違いなく多い。だから、すっと流してしまいます。

教えるだけでなく、意識化させて、演習させることが大切です。

ちなみに、彼らは偏差値60の公立高校に通っているのですが、中堅~難関大学進学を考えている生徒も闇雲に勉強するのではなく、高校入試と大学入試との「谷間」を埋める必要があると私は思います。

2019.03.29

特待生制度は行いません

私たちは成績がいいからという理由だけで、特待生は受け入れていません。

特待生制度というのは、

  • 成績がいい生徒は授業料を無料にする代わりに合格実績を出す
  • 成績が悪い生徒は合格実績にはならない代わりに授業料を出す

というものです。(って違いますか?)

これをしている組織の人は、「教育」という言葉を使うべきじゃないと私は思っています。

私立高校も含めてです。

           
ツイートする・facebookでシェアする ツイッター
ホームに戻る