塾長ブログ

2018.07.13

持田哲郎先生はこんな先生です!

授業は6日間ですが、その間に何を目指して授業をされますか?

 

全体では文法学習の動機づけというテーマがあります。前半は英作文法、後半は200~300語の長文読解を行います。
前半の英作文法は「動詞と文型」が重点項目です。長文は説明文、論説文、物語文をそれぞれ一編ずつ読み込む予定です。こうした文章を読むのにいかに文法が大切かを実感してもらおうと思っています。

 

 

ここ数年、文法が軽視されていますが、先生はこの流れをどのように考えられていますか?

 

この流れは平成が始まって最初の学習指導要領改訂から始まった動きなのです。ただ、当時は解説の詳しいしっかりとした文法問題集が人気でした。学校での文法の扱いが軽くなっても自分たちでなんとかしないと受験は無理という考えでいたと思うのです。ところが世紀が変わったあたりから、解説が3行以下という「3行革命」と呼ばれる問題集が流行りだしました。学校でも十分な時間をかけて学んでいないものをそのような問題集で学べるはずはありません。この背景には、文法学習は文法問題対策のためという思い込みがあるのかもしれません。

 

現高校1年生から、大学入試に「民間テスト」が導入されます。そこでは4技能(読む・聞く・書く・話す)を測るということですが、文法学習と「話す」にはどのような関係があると思われますか?

 

日常会話は、言葉の断片をやりとりするもので、「文」を意識しているものではありません。これは母語であれば自然にできるようになるものですが、外国語ではもっとも学習が難しいものです。「話す」と言っても私的な会話ではなく改まった場面での公共的な会話になると、「文」を意識するようになります。こうなると文法能力が明らかに必要になってきます。スピーキングの試験は気の置けない友人や家族との打ち解けた会話ではなく、それなりに整った発話が求められますから、文法とは無関係ではありません。ただし、文法学習を文法問題対策のためのものから、実際に英語を使うときの基盤を固めるためのものへと考えを改める必要があります。もちろん読み書きもこの基盤の上に成り立ちます。

 

先生のご経験で、最難関大学に合格できる生徒はどのような特徴がありましたか?

 

英語に関して言うと、普通に英語を勉強している生徒さんが強いですね。つまり解法を身につけるとかそういうことではなく、読み書きの力を身につけているのですね。心構えの面で言うと、自分の勉強がうまくいっていないと思ったときに周りからの助言に耳を傾けて自分の勉強を修正できる人です。大学入試は合格する人よりも合格しない人のほうが多い試験ですから、多くの受験生が実践している学習法はやり方を間違えれば効果が上がらないものが大半で、実際に効果を上げていない受験生が落ちているのですね。そこを修正できるかどうかはプロの助言に耳を傾けられるかどうかにかかっていると言えます。Sアカは生徒と講師の距離が近いのでその点はいいと思います。

 

(略歴)

国内の最大手予備校で10年以上、トップ講師として勤務。言語教師として英語教育と国語教育に携わる。

獨協大学外国語学部英語学科卒業後、早稲田大学大学院教育学研究科修士課程国語教育専攻修了。著書に『アドバンストフェイバリット英和辞典』(東京書籍、分担執筆)、•『実践コミュニケーション英文法』(三修社、共著)、「国語教育と英語教育の連携について-文法教育を中心に-」町田守弘(編著)『明日の授業をどう創るか:学習者の「いま、ここ」を見つめる国語教育』(三省堂)、『良問でわかる高校英語』(学研教育出版)がある。

2018.07.13

2周年記念・持田哲郎先生の無料夏期講習

お陰様でSアカデミーは今月で2周年となります。
ご縁があって千葉市美浜区の打瀬という場所で20坪にも満たない小さいテナントで始めた学習塾でしたが、今は自習室も合わせて65坪にもなりました。

昨年度までは中学生中心であったものの、在籍生の進学実績として主だったところは次の通りです。

<大学>

  • 東京外語大学
  • 慶應大学

<高校>

  • 渋谷幕張高校
  • 青山学院高等部(女子)
  • 昭和学院秀英高校
  • 八千代松陰IGS
  • 日大習志野高校
  • 國學院高校
  • 千葉県立薬園台高校
  • 千葉県立幕張総合高校
  • 千葉県立国府台高校

など、開業2年目としてはそれなりの結果が出せています。何より、生徒が勉強してくれるので、私たちはそのサポートをできるだけ上手にすることを心がけています。

なんとか2年間を過ごせたことに感謝をして、今年の夏は思い切ってやってしまいます!

持田哲郎先生・夏期講習完全無料!

自分でいうのもなんですが、清水の舞台から飛び降りるような気持ちです。2年間も支えて下さった地元の皆様への感謝と、この7月から持田先生がSアカデミーで継続的に授業を受け持って下さったことへの感謝、2つの感謝を込めて考えました!

何より、無料で行うということは持田先生に申し訳ないと思いつつ、
今回は地元への感謝の気持ちを込めた企画であることを申し上げたところ、
快諾して下さいました。

ありがとうございます!

持田先生の授業日程は次の通りです。

  • 7月27日(金)~7月29日(日) 17:00~18:30
  • 8月22日(水)~8月24日(金) 17:00~18:30

今回の無料講座への参加は次の条件を満たす高校生です。

  • 高校2年生
  • 真剣に東大・一橋・東京外語・早稲田・慶應・上智に進学を希望している
  • 6日間、全ての授業に参加できる
  • 講座修了後、感想を書いてくれる

この4点です。

お申し込みは

  • お名前
  • 連絡先(メールアドレス・電話番号)
  • 学校名

を書いて、右上にあるメールマークをクリックするか、
info☆s-academy.net(☆を@に変えて下さい)を宛先にして
メールでお申し込み下さい。
電話は13時~21時で、043(306)9241までご連絡ください。

大手予備校で10年以上もトップ講師として活躍されている
持田哲郎先生の考えておられることを伺ってみました。

<続く>

2018.07.10

被災した高校生に夏期講習を

今回の広島や岡山、愛媛を中心とした大災害で犠牲となったかに心からお悔やみを、そして被害を受けた方に心からお見舞い申し上げます。

今回で被災した高校生に、7月23日からの夏期講習にご招待します。ただ宿泊施設がありませんので、千葉市付近にご親戚の方などがおられる高校生の限定となってしまいます。

高3生夏期講習の科目は次の通りです。

  • 英語
  • 日本史
  • 古文
  • 漢文
  • 現代文

数学も抜群にできる講師がおります。彼は高校3年生の授業は持っておりませんので、個別指導となります。

高校2年生は、英語と国語だけとなります。

お気軽にご連絡下さい。

           
ツイートする・facebookでシェアする ツイッター
ホームに戻る