塾長ブログ

2018.06.28

中堅の学力の底上げ方法

「脳外科」といっても、
「脳梗塞」「脳溢血」「脳腫瘍」など専門があるように
授業でも得意・不得意の分野があります。

ざっくりいうなら、
学力が高い層、中堅層、下位層のどこを得意とするか、
というのはその先生方の個性です。

高い層も下位層も教えられる先生方はすごいですよね、
本当に尊敬します。

私自身のいちばんの得意なところは、
中堅層から下位層を伸ばすことです。

口でいうのは簡単です。

単語を覚えさせ、
文法を理解させ、
長文を読めるようにすればいい。

しかし、その生徒たちに
どうやって単語を覚えさせるか、
どのように文法を理解させるか、
どうすれば長文を読めるようになるか、
(長文を読むとはどういうこと?)
という「技術」を持っている人は少ないようです。

授業は重ね縫いのようなようなもので、
その授業でどこを復習するか、
その復習の中で、何に気づきを持たせるか、
生徒の表情を見ながら選んでいくことは
技術のひとつです。

それを重ねていくと、
中堅の生徒(センター試験で80-100点)は
伸びていくんですよね。
ここが教材だけでは解決できないところ。
一方通行の授業では解決できないところ。

中堅には「映像授業」ではなく、
ライブの授業が必要だと私が思うのは、
こんな理由です。

2018.06.05

指したい手と指さなければいけない手

羽生竜王のタイトル100タイトルが掛かった名人戦。
解説者が

「先手に指したい手が多いですね」というときは、ほぼ先手が有利。
「後手は忙しくなってきましたね」では、ほぼ後手が不利。

「やりたいことが多い」「やるべきことが多い」とでは、全く違うものです。

学校の先生方の「ブラック」がクローズアップされてきました。

これは先生方にとって、

「やりたいこと」よりも、「やるべきこと」が増えてきたこと、
および、
管理の強化や給与の減少、教諭の減少により、
かつては「ブラックだけど、楽しい」だったことが、
徐々に、「ブラック過ぎて、つらい」になったのでしょうね。

これは、教諭志望の減少、
あえてはっきりいえば、
「学力の高い人が教諭を志望しなくなる」ことを意味しています。

どうすればいいのかといわれても、
10年以上かけてこの状況が生み出されたのだから、
元に戻すのにまた10年以上かかるんでしょうね。